読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tarのブログるっ by @tarVolcano

メガネ男子のtarが書くブログです。

感想ありがとうございます!(思ったことを書いてみた その2)

前回「思ってることを書いてみた - tarのブログるっ by @tarVolcano」を書きました。

「感想が貰えなかったらどうしよう」と思っていましたが、書いてくださったかたが居られて、正直「よかった、読んでもらえてるんだ」とホッとしています。

今回は僭越ながら、戴いた感想を紹介させていただきつつ、私もその感想を書いてみたいと思います。

Notes
Notes by Brady Withers

スポンサーリンク

*

頭良くなりたいからブクマするし、頭良く思われたいからブログ書いた - 殴る壁

最初に近田さんから感想を戴きました。ありがとうございました。

近田さんは色々なブコメで見かけ、的確に要約していたのがとても印象的で、よく覚えています。

ブコメの使い方がそっくりでびっくり。いや、私はそこまで高度な使い方にたどりついてないかもしれませんがw

心に思うところがあったらできる限り何かしら自分の言葉を残すようにしている。

私も自分自身のためにブコメを書くことあります。自身の言葉に変えていくと記憶にも残りやすい気がしますし、自身が常に使う言葉で書き込めるわけですから、検索したいときのキーワードとしても使い易いですね。

ツッコミを入れたいときもある。はてな村が話題になったブックマークページなんてスター配布所みたいなものだから、そこはもう星を狩りにいったりもする。

それとブコメスター狩りや、ブコメ大喜利ですね。私も はてなブログ開発ブログなどの公式ブログなら気兼ねなくツッコミが出来るのですが、他のブログ主さまの記事ですと、「書いてもネタとわかってくれそうなブログ」の記事でしか大喜利が出来ないチキンだったりしますw。

*

自分のコメントを一覧できるはてなブックマークの使い方がいいね!ブクマやブコメ歓迎! - はぴらき合理化幻想

はぴらきさんからも感想を戴きました。感謝です!

ブコメ大喜利があるくらいだし、一般論としてはブコメでツッコミはありじゃないですかねぇ。 ブクマを求めていない人にはやらない方がいいでしょうね。ありがた迷惑。みんなで集中攻撃ならいじめやん>< tarさんからのツッコミがなくなるのは寂しいけど、ストレスを感じる行為は良くないので、ご自身の考えでブクマするのが一番だと思う。 当ブログはブクマ・ブコメを大歓迎!

上述のとおり筆者は言及されるのも嬉しいしブクマやブコメも嬉しい。次のようなブコメも嬉しい。

  • 変換ミスやリンク切れを教えてくれる。
  • 一見ネガコメでも他の閲覧者にプラスな内容。
  • マジメな性格なのでボケることはまずないが、天然ボケが発動している場合。

はぴらきさんの記事はいつもツッコミどころ満載w。

とはいえ事例に出てくる変換ミスやリンク切れの指摘をブログで返すのはナンセンスですね。そんなときこそブコメが最適だったりするのだろうと思います。

*

イケダハヤト氏みたいに「物理的移動権力」以外にも売れる物や商流がある人を羨ましく思う - 太陽がまぶしかったから

池田さんからコメントを戴き、それをブログにのせてくださいました。ありがとうございました。

ブクマコメント自体は全然よいんですよ。身内の下駄を前提にし続けると新着が荒れるので外部からのヘイトを集めるとかスパム判定の動きがあるから自粛するという歴史があっただけで。また違った回答もあるかと。

私の頭の中でモヤモヤしていてうまく書き表せなかったことがここにあると思います。

ツッコミやすいブログには、しなくても良いようなツッコミを入れてしまっていたかも、そして相手からツッコミをされてたかも、と感じたのです。

相互のツッコミを過度に入れあうようになってしまえば、コメントにあったような歴史を繰り返してしまうかもしれません。

そういった意味では、ブコメは丁寧に扱ったほうが良いと思うけど、過度に自分自身を規制しすぎると、「tar@メガネ男子はコメントもしないつまらん男だー」となってしまいそうで、それはそれで私自身が困りますっ!

なので、私としてはブコメを完全規制することはしませんが、ブコメするときは「本当に必要ですか、そのツッコミ?」を私自身に問いかけて、少し丁寧に扱ったほうが良いだろうな、というのが今思うところです。

*

私がいつも記事に取り上げる内容はコンピュータ関係の解説ネタなどがメインで、前回・今回のような記事は不慣れなため、読みづらかったかもしれません。

感想をくださった近田さん、はぴらきさん、池田さん。そしてコメントをくださった方々とお読みくださったすべてのかた、ありがとうございます。

そしてこれを機会に、今後も読んだ記事の感想をブログで書いていきたいなと思っています。

それでは今回はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加