読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tarのブログるっ by @tarVolcano

メガネ男子のtarが書くブログです。

自分のツイートを検索するためにTwilogを使ってみた

インターネット

Twitter
Twitter Photo by Scott Beale

知りませんでしたっ!Twitterの標準機能では自分のツイートを検索できないということを!!
コレ、Twitterユーザーは昔から困ってることのようです。

私もたまに、ネット記事を読んでいて「ちょっと気になる」と思った時は、ツイートしたりすることがあります。

その「ちょっと気になる」記事を改めて見返したいと思った場合、数日くらい前のツイートなら、タイムラインを追えば、なんとか見つけられるのですが、数ヶ月くらい前のものだと、見つけるのがとても大変なんです。

そこで今回は、自身のツイートを検索したりできるサイトを紹介します。

スポンサーリンク

その名はTwilog(ツイログ)

Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存はてなブックマーク - Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存

こちらのサイトを一言で言うと、

Twilog(ツイログ)はTwitterのツイートをブログ形式で保存するサービス

を提供する、有名なサイトです。

なにができる?

Twilogに登録すると、自身のツイートがブログのように日付毎に表示されますので、あの日、何をつぶやいたっけ?を簡単に探すことが出来ます。

もちろん、今回のねらいである、自身のツイート検索も可能です。

注意点

便利なサービスですが、一応の注意点として、

  • 登録すると、ツイートログは公開される(誰でも見ることができる状態)
  • ツイートを非公開にしてると、使えない
  • 最新のツイートから最大約3200件までしか取り込めない

となっていて、ものすごーーくツイートされてるかたは、全部のツイートを取り込むことができないようです。ちょっと残念ですね。

登録する方法

ツイッターのアカウントさえあれば、簡単に登録できます。

まずは、Twilogのトップページで「新規登録」をクリックします。

20140429013714


表示されたページを下にスクロールして、下記スクショを参考にしながら進めていきます。

20140429013715


Twitterのアプリ認証画面が出てきましたか?一応、「認証することで許可される動作」(パーミッションと言います)がどんなものかを確認して、認証を進めましょう。

ちなみにTwilogは余分なパーミッションが無いので良いですね。今回はあまり触れませんが、少し前に流行ったTwitterスパムでアカウントが乗っ取られる事件は、妙なアプリを認証すると発生します。このときパーミッションに「フォローする」だの「ツイートする」という権限が含まれているのでなぜそんな権限が必要なの?と気がつけば、ある程度防げるんですよ。

20140429013716


次の画面が出てくれば登録完了です。

20140429013717

使ってみる

Twilogに登録すると、日付毎に自分のツイートが表示されます。

20140429013718


登録したばかりの場合、最新200件分のツイートのみがTwilogに取り込まれています。より多くのツイートを取り込みたい場合は、自身のTwilogページ上部の「管理」ページを開いて「過去のツイートの取得」を実行してみましょう。

20140429013719


こうすることで、Twilogに最大約3200件のツイートが取り込まれるので、古いツイートも表示や検索ができる様になります。

では、検索してみます。説明はほとんどいりませんね。とっても簡単^^

20140429013720


あとがき

自身のツイートを振り返りたいときに便利なサイトです。Twitterを活用されてるかたは、試してみると面白いかもしれません。自分のツイートを見返すと、埋もれてしまった重要なことを思い出すかもしれませんね。

でもいいなと思った記事は、はてなブックマークへ仕舞っておきましょう。タグ付け仕分けが便利だしTwitter連携も楽ですよ。(また心に語りかけようか..ゴニョゴニョ..w)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加