読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tarのブログるっ by @tarVolcano

メガネ男子のtarが書くブログです。

CygwinでNeoBundle使ったらgitの再makeが必要だったの巻

パソコン vim

photo by roger_ipa

今回はvimプラグイン管理ツールを使おうとしたらGit周りでエラーがでた、というお話です。 原因と対処法が判ったので、覚え書きに記録を残しておきます。

gitでhttpsアクセスできないっ

vimプラグイン管理にNeoBundleを使ってみようと思い、CygwinでNeoBundleを設定して、実行したら、こんなメッセージが..

$ vim
Not installed bundles:  ['codic-vim']
Install bundles now?
(y)es, [N]o: y

[neobundle/install] Update started: (2014/03/19 22:15:41)
[neobundle/install] (1/1): |codic-vim| git clone --recursive https://github.com/koron/codic-vim.git "/cygdrive/d/home/tar/.vim/bundle/codic-vim"
[neobundle/install] (1/1): |codic-vim| Error
/cygdrive/d/home/tar/.vim/bundle/codic-vim
[neobundle/install] Installed/Updated bundles:
no new bundles installed
[neobundle/install] Error installing bundles:
codic-vim
Please read the error message log with the :message command.
続けるにはENTERを押すかコマンドを入力してください

んー?リポジトリのアドレスを間違えたかな〜と思い、直接gitコマンドを実行してみると..

$ git clone https://github.com/koron/codic-vim.git .
Cloning into '.'...
fatal: Unable to find remote helper for 'https'

あれ?SSHではちゃんとclone出来たのに、httpsでアクセスできない??

原因

少し調べてみると、Ubuntuで同じエラーがでた人がいたので、そちらを参考にさせていただきました。

Gitで"fatal: Unable to find remote helper for 'https'"の対処法 - DQNEO起業日記

どうやら原因は、curlライブラリがインストールされていないのと、Gitのconfigureで--with-curlのオプションを付けていなかったこと。
確かに前回Gitをmakeしたときに--with-curlのオプションは付けてなかったし、curlライブラリもインストールしてませんでした。
インストール時の記録が残っていたので、すぐに気がつけました。やっぱり記録は重要ですね。

対処法

Cygwincurl辺りをインストールするならapt-cyg install curl libcurl-develとしておけば良いでしょう。あとは先のサイトで見つけたGitのconfigureオプションの意味を調べておきました。
Gitのリポジトリをcloneしたディレクトリで、./configure --helpを使ってみるとオプションの説明が確認できます。

$ ./configure --help
  :
  --with-curl             support http(s):// transports (default is YES)
                          ARG can be also prefix for curl library and headers
  --with-expat            support git-push using http:// and https://
                          transports via WebDAV (default is YES)
                          ARG can be also prefix for expat library and headers
  :

なるほど、--with-curlはhttp転送を使うためのオプションだけど、デフォルトでYESになってるから、curlライブラリが入っていれば有効になるようです。あと--with-expatオプションはpushでhttp転送使うためのオプションですね。こちらもデフォルトでYESになってるようです。
まあ、今回は念のため、このオプションを明示的に有効にしてmakeしておこうと思います。

CygwinのGitバージョンを最新にしながら、インストール手順を見直してみる

以前、Qiitaに Cygwin で RubyとGitをコンパイルして使おう - Qiita を投稿したのですが、当時のGitバージョンは1.8.5、2014/3/19現在の最新は1.9.1。折角なので、Gitを最新にするついでに、CygwinにGitを入れる要点をもう一度見直しておきます。

Cygwin Setupでのパッケージ選択

GUICygwin Setupを使うのは、一番最初のインストールの時だと思います。その際パッケージ選択は、標準選択されているものの他に、下記3つを追加で選択しておきます。

Devel/git
Utils/bzip2
Web/wget

GUICygwin Setupでは出来るだけ最小インストールし、次の apt-cyg コマンドを使ってパッケージをインストールしていきます。

apt-cygでのパッケージインストール

$ apt-cyg install gcc-core
$ apt-cyg install make patch vim
$ apt-cyg install libncurses-devel openssl-devel readline libsqlite3-devel libxml2-devel libxslt-devel
$ apt-cyg install autoconf zlib zlib-devel libiconv python openssh tcl
$ apt-cyg install gettext-devel
$ apt-cyg install curl libcurl-devel

最後の1行でcurlライブラリをインストールしてます。

Gitのmakeとインストール

$ cd /tmp
$ git clone git://github.com/git/git.git
$ cd git
$ make configure

$ make configure
$ ./configure --prefix=/usr/local --with-curl --with-expat
$ make all
$ make install

インストールが完了したら、Gitのバージョンを確認してみましょう。

$ git --version
git version 1.9.1.286.g5172cb3

ちゃんと最新になってればOKです。

再度httpsアクセスを試みる

$ git clone https://github.com/koron/codic-vim.git .
Cloning into '.'...
remote: Reusing existing pack: 67, done.
remote: Total 67 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (67/67), done.

Checking connectivity... done.

よしっ!今度はうまくhttpsでアクセスできました。

あとがき

トラブっても、うまく対処できると気分がいいものですね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加